「太いふくらはぎ」をどうにかしたい!大根足の治し方に有効な3つの対策を紹介

今でこそあまり「大根足」と悪口を言う人はあまりいませんが、一昔前までは女性の足の太さを表す代表的な呼び方となっていました。

この記事のポイント

太くてがっしりとしたふくらはぎを「大根足」と呼んでいましたが、なぜそういった足になってしまうのか。

もともとの体質なのか、生活習慣の乱れによる特異なケースなのか。
ここでは大根足になってしまう原因と、大根足を解消する3つの方法を紹介します。

大根足になる原因は?生活習慣を見直してみましょう

大根足になる原因は様々なものが考えられます。

  • むくみ
  • 筋肉の張り
  • 筋肉の増大
  • 骨盤のゆがみ

そして起因するものは食生活の乱れや運動不足などがあります。

  • 歩く姿勢が悪い
  • 体の冷え
  • カロリーの多い食事
  • 体の歪み
  • 運動不足

例えば、歩く姿勢が悪いとふくらはぎにばかり力がかかってしまい、筋肉の張りや増大が考えられます。
その結果、大根足のような太い足に。

他には血行不良で体の手足が冷えてしまうと、体がむくみ、ふくらはぎや足首が太くなってしまうこともあります。

そして食事でも注意が必要。カロリーの多い食事は余計なお肉がつきやすいです。

脂肪がふくらはぎにも滞留してしまい、それが足の太さにつながっています。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

大根足になる原因が、「むくみ、骨盤のゆがみ、歩く姿勢が悪い、体の冷え、カロリーの多い食事、体の歪み、運動不足」などの生活習慣であれば、改善の可能性もあります。しかし、筋肉による大根足の場合、生活習慣の改善では改善しません。

ドクター小池の見解の続きを見る

大根足になる原因が、「むくみ、骨盤のゆがみ、歩く姿勢が悪い、体の冷え、カロリーの多い食事、体の歪み、運動不足」などの生活習慣であれば、改善の可能性もあります。

しかし、筋肉による大根足の場合、生活習慣の改善では改善しません。

自分で心当たりが生活習慣に関しては、改善を試みてもいいと思います。

大根足が変わるかどうかは、取り組んだ生活習慣の「改善レベル」にもよると思います。

1個ずつでも習慣を直していくこと、体にマイナスな事を減らすことはよいことです。

筋肉中心の足の場合は足が細くなるか分かりませんが、体や健康にはよい影響が出ることが期待できます。

筋肉がメインの太い足は、いろいろ試してもなかなか細くなることはあまりありません。

一生懸命なにかを頑張っても足が細くならなかった、細くなったとはいえ効果は若干だけだった。

そのようなケースであれば、過剰な筋肉を治して元のサイズに戻す美脚の医療を受けた方が、早く結果を得られます。

大根足の改善は難しいの?大根足を「ほっそりした足」にする3つの方法

「大根足は体質もあるだろうし、改善は難しい」などと諦めてはいけません。
毎日対策を行うことで、少しずつほっそりした足に改善していくことが可能です。

ここでは大根足を改善するのに効果のある3つの方法をご紹介!

ぜひ実践してみてください。

常にヒールを履くのをやめる

女性は仕事柄ヒールを履くという方も多いかもしれません。
しかしヒールは背が高く見える反面、歩行時に足首からふくらはぎにかけて、過度な負担がかかっているので体のバランスを整える意味では適していません。

ヒールは体重がかかる面積や狭いため、必要以上に足の筋肉を使います。
普通の靴に比べて地面に設置する面積が狭いため、重心バランスを保とうと、いつも以上に特定部位だけに圧力がかかります。

この結果、ふくらはぎに過度な筋肉がついたり、足首が太くなってしまうわけです。

またヒール自体、非常にフィット感のある靴でもあります。
そうすると圧力がかかって、足がむくみやすくなります。

数十分ですぐ脱ぐのであれば、それほど問題ありませんが、一日中ヒールで歩いていると足がむくみやすくなるので注意しましょう。

仕事柄、ヒールを履かなければいけないという方もいるかもしれませんが、オフィスカジュアルに合うパンプスやローファーなどもありますので、そういった靴もチェックしてみましょう。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

ヒールを履いても履かなくても、筋肉太りの大根足はほとんど変わりません。大根足は、そのままの太さであることがほとんどです。

むくみやつらさは改善するのに、ヒールを履いた方がいいのか、履かない方がいいのか、人によります。

実際に、注射による美脚の医療をおこなった患者さんでは、その後ヒールが楽なのかペタンコ靴が楽なのか、人によって違います。まずは、自分の足で検証してみましょう。

ふくらはぎのストレッチをする

ふくらはぎに溜まった老廃物の排除、血行促進作用を高めるにはストレッチが欠かせません。
ストレッチを行うことで、身体の可動域が広がりますので、体が硬い人よりも体の特定部位だけに負担がかかることがなくなります。

その結果、歩く時も体のあらゆる部位で支える支点ができ、ふくらはぎや太ももなどに過度な負担が減りますよね。

そして筋肉がほぐれ、血流が良くなるため、体のあらゆる部位に酸素や栄養が届きやすくなります。
筋肉の張りやむくみ軽減につながりますので、ストレッチは欠かさず毎日行いましょう。

ふくらはぎのストレッチ動画を紹介します。

ご自宅で簡単にできるストレッチ法です。

毎日4分と短い時間なので無理せず行えるのも良いですね。
ぜひ実践してみてください。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

ふくらはぎのストレッチで、凝りやほぐれ、むくみの改善につながります。

しかし、筋肉が細くなることはありません。

ふくらはぎのストレッチで足が細くなった場合でも、筋肉が細くなったのではなく、むくみが取れたのが理由です。

足がむくとつらいでしょうから、ストレッチをする自体はいいことです。あくまで足のリラクゼーションと健康のためと考えてください。

専門家に相談してみる

大根足が気になる場合は専門家に相談するのもお勧めです。
ただ、大根足の種類によって対策も異なりますので、まずはどんな足なのか見極めることが大切です。

むくみや脂肪が原因の場合は栄養士さんやフードコーディネーターに話を聞くのも良いでしょう。

糖質や脂質を控え、カリウムを摂取することが大切ですよ。
カリウムは体の水分調整や高血圧改善に役立つ成分です。

特にむくみは毛細血管から水分が流失しているのが原因。
体の水分調節が出来ればむくみが改善され、ほっそりとしたふくらはぎになる可能性があります。

一方、筋肉質な大根足の場合は整体師さんに相談してみましょう。

歩き方、膝の動きをチェックして、骨盤のゆがみ、膝関節の位置のズレなどを分析してくれます。
ふくらはぎの外側の筋肉が硬くなっているようなら、その部分に指圧を加え、コリ改善に努めます。
自分で行えるマッサージ方法も伝授してくれるので相談してみましょう。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

栄養士さんやフードコーディネーターだと、足を細くするためにどういうアドバイスをするのでしょうか。ドクター小池のような説明をする栄養士さんやフードコーディネーターにはお会いしたとこがないので、アドバイスが適切だから聞いた方がいいとか、聞かない方がいいとか言えないのが現状です。

ドクター小池の見解の続きを見る

栄養士さんやフードコーディネーターだと、足を細くするためにどういうアドバイスをするのでしょうか。

ドクター小池のような説明をする栄養士さんやフードコーディネーターにはお会いしたとこがないので、アドバイスが適切だから聞いた方がいいとか、聞かない方がいいとか言えないのが現状です。

「野菜を多く取りましょう、色とりどりの野菜を取りましょう、タンパク質をとりましょう、糖質は控えましょう、油っこいものは控えましょう、いい油をとりましょう、肉は牛肉より鶏肉や魚をとりましょう、食物繊維をおおくとりましょう、朝食はちゃんと食べましょう、三食キッチリ食べましょう・・・」

想定内のことばかり解説されても、あまり意味がないと思います。

常識的でありきたりの内容でよければ、雑誌ターザンを買って読んだ方が、面白いネタがあるし安く済みます。

雑誌を読んだだけで、結果を出す人はあまりいないとは思います。

相談する相手を間違っていませんか?

どうして、肉食獣はお腹空いているのに、あんなに獰猛に狩りができるのでしょうか。

どうして、牛は草しか食べていないのに、あんなに大きく筋肉質なんですか?

そういう素朴な疑問について答えられない人でも、栄養士やフードコーディネーターと名乗る専門家は大勢います。

あなたの足が太い一番の理由が、むくみなのか、筋肉の使い方や体質によるものか判断できないのに、誰に相談するのが適切かが分かるのでしょうか?

また、相談した相手が、ドクター小池がいうような説明まで含めて教えてくれる専門家とも限りません。

どこに相談していいか分からないという問題があります。

相談しても常識的でありきたりなことしか言わない専門家かもしれない、という問題があります。

まずは相談することから、壁にぶつかるし問題になります。

大根足は改善が難しいの?

あなたの足が、ひどいむくみが原因の大根足だとしましょう。

いままで、大根足になるまでむくみを悪化させた足であれば、改善するのは困難です。

軽症は改善が簡単でも、住所は改善が難しいのは想像できると思います。

仮にうまいマッサージやエステを受ければ、その場で目に見てわかる改善があります。

しかし、しばらくすると足はまた太くなります。

足にむくみが起きているのは、病気のせいなのか、悪い習慣のせいなのか。

悪い習慣があって足にむくみがあったとしても、大根足の本人は自分の習慣が普通だと思って今まで過ごしてきているので、何を改善していいのか見当がつきません。

何が言いたいかといういうと、足を細くするノウハウだけ知ってもあまり意味がありません。

  • 大根足に悩んでいながら行動する人は少ない
  • 行動しても適切な指導を受けられる人は少ない
  • 適切な指導を受けても守れる人も少ない

あなたが大根足で悩んでいたとしても、周りで「大根足が改善してよかった!」という人を見かけることがないんです。

そして、多くの大根足が大根足のままである証拠として、実際にあなたが知っている大根足の人は、未だに大根足のままだと思います。

しかし、安心してください。ドクター小池のような説明をする専門家は多くいませんが、運が良ければお近くにいるかもしれません。

一緒になって考えてくれる専門家に相談すれば、理想の足に近づくことができるはずです。

大根足の改善まとめ

 

以上、大根足になってしまう原因とその改善方法を紹介しました。

大根足はやはり見た目上、どうしてもネガティブな印象で捉えられがちです。
すっきりとした足にするには、歩き方の見直し、普段使用するシューズの見直し、ストレッチの導入などで、改善に努めてください。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

歩き方の見直し、普段使用するシューズの見直し、ストレッチの導入などは、よい取り組みです。しかし歩き方、シュース、ストレッチの専門家からしたら、素人判断でできる簡単なものではないと考えているはずです。

ドクター小池の見解の続きを見る

歩き方の見直し、普段使用するシューズの見直し、ストレッチの導入などは、よい取り組みです。

しかし歩き方、シューズ、ストレッチの専門家からしたら、素人判断でできる簡単なものではないと考えているはずです。

あなたが具体的に、何をどのように始めたらいいのでしょうか?

結局、なんとなく理解したような気持ちになって満足していませんか?

深く考えずに、知ったような気持ちになって、現実は何も変わらず現状のまま。

これが、多くの人の実態です。

仕事をしている人なら、こういう場面ありませんか?

よく上司に注意されたときに、こう答えるじゃないですか?

「今度から気をつけます!」

気をつけるって、「誰が・どういうときに・何をすること」を指すんですか?

同じような出来事があったときに、どうやって過去の失敗経験と照合し、どのような解決策を講じるのでしょうか?具体的に!

世の中は、曖昧にふわっと発言してれば、何となく気持ちよくなって解決した気分になっているんです。

「今度から気をつけます!」と言っている部下と、言われている上司は、それ以上突っ込まず、やり取りはそれで終わり。

そんな上司、部下のやり取りの様な曖昧さが、この世界で生きている人たちには当たり前の日常になっています。

  • いかに考えていないか
  • いかに流しているか
  • いかに解決した気分になっているか
  • いかに具体性に欠けているか

きちんと深く考えて明確にするという習慣がないと、人は「何も変わらない、変えられない、成長しない、進歩しない、改善しない」という結果に終わってしまいます。

あなたの足が細くならない!と言っているのではありません。

今のままでは変わらないので、本当に大根足を改善して細くするためには、考え方や姿勢が伴っている必要があります。

一緒に考えてくれる真の専門家なら曖昧さで誤魔化さず、具体的な指導で結果を出してくれるはずです。

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Notice: ob_end_flush(): failed to delete and flush buffer. No buffer to delete or flush in /home/drkoike/medconcierge.jp/public_html/all/wp-content/plugins/wp-speech-balloon/wp-speech-balloon.php on line 44