「大根足のダイエット」成功に導く4つの方法とは?メリットと実践方法を解説

この記事のポイント

大根足のダイエットをする上で、何かひとつだけ頑張るということでは改善は難しいでしょう。

例えば、YouTubeなどで「足痩せマッサージ!」などが公開されていますが、それだけやっても食生活のバランスが悪ければ、足が太いままということも十分考えられます。
ここでは大根足のダイエットで実践したい4つのことを紹介します。

大根足のダイエットで実践したい4つの方法

大根足にお悩みの方に実践していただきたいものは、下記4つです。

  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 運動
  • 食事制限

それぞれどんなメリットがあるのか、そしてどのように実践するのか解説していきます。

大根足に効くストレッチとは?

ストレッチをするメリットは血行促進作用を高めるためです。

体の柔軟性が高まり、可動域が広がることで血液の流れもよくなります。
そしてストレッチをするときは、下半身全体を意識するのがおすすめ。

腰回り、お尻、太もも裏、ふくらはぎ、足首など。
いずれのストレッチも筋力をそれほど必要としないものばかりですので、誰でも気軽に実践できます。

また、骨盤のゆがみ矯正効果も期待できるため、姿勢が悪くなりがちな方にもおすすめです。
ストレッチを日々行うことで、血行状態が良くなり、代謝がよくなります。
そうするとむくみにくい体質になるので、それが大根足改善につながるはずですよ。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

ストレッチをおこなって、体の変な凝りや、動きの制限を解放してあげるのはいいことです。

ドクター小池の見解の続きを見る

ストレッチをおこなって、体の変な凝りや、動きの制限を解放してあげるのはいいことです。

むくみにくい体質に即なれるかは断言はできません。
大根足改善の効果を実感は出来なくても、心身にはプラスの効果はありますし、心身にマイナスは少ないので続けて下さい。

大根足に効くマッサージとは?

マッサージも血行促進作用やむくみ改善を目的としたものですが、ストレッチと違うのは意識的に筋肉やリンパを刺激すること。
自分の手でしっかりと揉んで筋肉や血行に蠕動運動を与えることができます。

足裏、ふくらはぎ、太もものマッサージをすることで、老廃物の除去や血行促進作用を考慮した、とても意義のあるマッサージとなります。

ちょっとした器具を扱ったマッサージ方法などもありますので、飽きずに続けていくことが大事ですね。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

そもそも、体を伸ばしたり、体を押すだけで、足が細くなると思いますか?

体を伸ばしたり、体を押すことは、心身を整えるために必要なことの一つである、と考えるくらいがよいと思います。

大根足に効く運動とは?

運動の仕方次第では大根足がもっとたくましくなってしまうこともありますし、すっきりとした脚になる可能性もあります。

大根足が脂肪やむくみが主な原因であれば、普通にジョギングをしたり、ランニングをするだけで痩せるでしょう。
しかし普段から運動していて、大根足になっている人は逆にオーバートレーニングが大根足の原因となっている可能性が高いです。
そういった方は出来るだけ体を休めたり、運動するにせよ下半身に負荷のかからないものを意識する必要があります。

むくみや脂肪きっかけで大根足になってしまった方におすすめしたい運動はジョギングと水泳です。
体の特定部位だけを使った運動ではなく、全身運動を使った有酸素運動がベストです。

走ること自体は全て有酸素運動になりますが、短距離は瞬発的に大きな負荷が足にかかるのでお勧めできません。
ゆったりと走るだけで良いので、できるだけ長い時間走るようにしましょう。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

運動がダイエットや健康、痩身によさそうだ、ということは誰でも知っています。

ドクター小池の見解の続きを見る

運動がダイエットや健康、痩身によさそうだ、ということは誰でも知っています。

しかし、運動を始めたことはあったでしょうか?運動を始めたとして続けられたでしょうか?まず運動に取り組めません。

もし比較的に運動に取り組んでいたとして、足は細くなりましたか?

運動ができるのか、できないのか、どちらですか?運動をした人は足が細くなりましたか?しっかりと、考えて下さい。

運動を続けられますか?

運動は、心身を整えるために必要なことの一つです。ドクター小池も、正直にいって運動を続けることは難しい。

だから、楽しく、継続的に、効果的に、運動を続ける方法を見つけました。運動を続けられない人が運動を続ける方法は、人それぞれ違います。

そもそも、あなたの大根足の改善には、本当に運動が必要なのでしょうか?運動が必要だとして、どのような運動を、どの程度おこなうのが一番効果的なのでしょうか。

その答えを一緒に考えてくれる真の専門家を見つけることが、じつは一番大事です。

大根足に効く食事制限とは?

大根足は脂肪過多、むくみ過多、筋肉過多のいずれかに分類されます。
それぞれのタイプで食事の摂取方法も多少異なります。

脂肪過多になっている人はその名の通り、脂肪が太ももやふくらはぎについてしまっている状態。
脂肪を多く含んだ物をできるだけ控え、血糖値が上がらない食事がベストです。
具体的に言うと甘いものを控えて野菜を最初に摂ること。
これにより、血糖値が緩やかになって脂肪が溜まりにくい体質になっていきます。

むくみ過多の場合は水分が体にたまりやすい状況です。
塩分を外に排出できるカリウムを意識的に摂取しましょう。
カリウムはアボガドや納豆などに多く含まれています。手軽に毎日食べられるものなのでお勧めです。

筋肉過多の場合は、タンパク質を控えた食事がお勧め。
ご飯や麺類など主食と言えるものなのでちょっと大変ですが、そういったものを減らして食事を摂取するようにしましょう。

筋肉が原因で足が太くなっている場合に関しては、食事だけではおそらく足を細くするのは難しいです。
運動量自体も減らす必要があります。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

運動をしなければむくみが起きて、運動をしたら筋肉が増える。なんだか矛盾していて、へんな解説だと思いませんか?

ドクター小池の見解の続きを見る

運動をしなければむくみが起きて、運動をしたら筋肉が増える。なんだか矛盾していて、へんな解説だと思いませんか?

タンパク質も減らして、炭水化物も減らすんですか?ドクター小池も、この記事の内容を聞かされたら何をしたらいいのか、正直分からなくなります。

何をしてよいのか分からなくなる内容の記事なのに、なんで世の中では当たり前の常識のように語られるのか?

それは、読んだ人が都合良く解釈して、知ったような気持ちになって満足する傾向にあるからです。

大根足を改善するのに、本当のところ何をしたらよいのか?簡単なことを始めて、少しでも良い結果がでるのかでないのか試すことです。

試しても結果が出ないのであれば、一緒に考えてくれる真の専門家を見つけることを、考えて下さい。

大根足に悩んでいることやあまり意味のない方法に、無駄な時間を使ってほしくありません。

大根足のダイエットまとめ

以上、大根足を改善するのに役立つダイエット方法を紹介しました。

ストレッチやマッサージは比較的簡単にできるので毎日実践している方も多いかもしれません。
しかし現実的にはそれだけで足を細くするのは難しいです。
運動や食事など多角的に実践していきましょう。

ドクター小池の見解

avatar

Drこいけ

まとめに関しては、その通りだと思います。

ドクター小池の見解の続きを見る

まとめに関しては、その通りだと思います。

ストレッチやマッサージ、運動、食事など、思いつくことを全部おこなってみるのもいいかもしれませんね。

どれかが当たって、大根足が改善する可能性もあります。改善しなかったとしても心配する必要はありません。

真の専門家であれば、どうして改善しなかったのか一緒に考えてくれますから。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Notice: ob_end_flush(): failed to delete and flush buffer. No buffer to delete or flush in /home/drkoike/medconcierge.jp/public_html/all/wp-content/plugins/wp-speech-balloon/wp-speech-balloon.php on line 44